招待状を送るタイミング

招待状の準備をしましょう

結婚式には何度も参加していても、いざ自分の結婚式になると準備の多さにはじめは驚くと思います。また、招待客に失礼にならないように気遣いをしながらの準備が必要です。
まずは、来てくれる人数の把握をし招待状を出す必要があります。招待状を出すだけでも事前の準備があります。何種類もあるサンプルの中から選び、文面の決定、切手を貼りあて名を書きます。式場におまかせしてしまえばそれほど時間はかかりませんが、予算を節約しようと思った場合は自分たちでやらなければなりません。すると時間もよりかかってしますので、いつまでに返信をもらい、座席や料理の準備などを行うためにはいつまでに出すのがいいのかスケジュールの確認が大切になってくるのです。

招待状を出しましょう

招待状の準備をいつまでにしなければいけないのか決定するために招待状を出すタイミングを考えます。結婚式の座席表や料理、引き出物を考えるために最低でも結婚式当日から一か月前までには返信をもらえると準備しやすいと思います。また、招待客の都合を考える配慮も必要なので返信日にゆとりを持たせる必要もあります。そう考えると結婚式当日の2~3か月前までに送る必要があるのではないでしょうか。しかし、地域によっては三月掛など三か月をまたぐことを縁起が悪いと気にする場合があるので注意も必要です。
一生に一度の結婚式。自分たちのいい思い出になることはもちろん、招待客にも楽しんでもらえるよう招待状を出す時からおもてなしを考えることが大切です。