少ない費用で式が挙げられる式場はある?

互助会などを上手く利用して

結婚式というと、準備から当日まで何かと費用がかさむもの。どの会場を選ぶかによってもその費用に大きな差が出るものです。そこで上手く利用したいのが互助会です。
互助会とは結婚式やお葬式のために小さな額を積み立てていくもの。自分が知らないだけで、両親や親族が加入していたりもしますので確認してみると良いでしょう。積み立てていた分を利用できたり、会員だけの割引や特典を利用できることもあります。
その他には、アイテムを手作りしたり衣裳のランクを変更したりすることでも費用を抑えることができます。小さな積み重ねでもコストダウンにつながりますので、会場選びだけに捉われずに広い視野を見て節約ポイントを探していきましょう。

少人数のウエディングも検討を

結婚式の予算をおさえるには、招待するゲストの数を減らすことが一番のコストダウンになります。純粋に、料理や必要アイテム、スタッフの必要数が抑えられますので当然と言えば当然ですよね。
そこで検討したいのが少人数ウエディング。親族や親しい友人だけを招いた10~40名程度の結婚式とすると、かなりコストを抑えることができます。
少人数ウエディングでは、一人一人のゲストとじっくり話をすることができますし、新郎新婦のふたりにとっては準備の負担が減るというメリットもあります。あまり仰々しい演出はしなくても良いですし、動画などの用意がなくても大丈夫。華やかさは大人数のパーティに劣るかもしれませんが、その分、低コストで密度の濃い思い出深い結婚式を実現できますよ。