席順の決め方に決まりはある?

席順の決めてはマナーにあった

結婚式の席次表には気を付けなければいけないマナーがあります。結論からいうと、上席や末席といった決まりに沿って席次を決めなければいけません。式場によって、長テーブルや円卓など様々なので、種類によって上座の位置も変わってきます。上座の位置をプランナーさんと確認しながら、失礼のないように席を決めていきましょう。
基本的に新郎新婦が座る高座に近い席が上座になります。円卓の場合、新郎新婦に背を向ける位置が上座という事になります。上座から職場の人、友人、親族となるように配置していきましょう。
まず、職場の人の席次ですが、社内の上下関係に注意が必要です。上座から主賓、上司、先輩、同僚となるようにしていきます。ここで注意しなければならないのは肩書です。どんなに長い肩書も席次表で省略することはマナー違反になるので、正式な名称はあらかじめ確認を取っておきましょう。

全てのゲストに楽しんでもらうために

次に友人の席次ですが、特に上座下座を意識して配置する必要はありません。ですが、友人の関係性によって席を決める配慮をすることは、礼儀として必要かもしれません。学生時代の友人をグループに分けて、関係性に共通のある席を作るなどの工夫をしましょう。もし、知り合いがいないゲストを招く場合、友好的な友人の近くに配置するなど、せっかくの結婚式なので、全てのゲストが楽しく過ごせるようにしましょう。
最後に親族の席次は、両親に確認しておくと間違いありません。お付き合いの程度にもそれぞれ差がある場合もあるので、席次を決めてもらうつもりで相談しましょう。また、小さなお子さんがいる親族がいるケースもあります。その場合は、他のゲストが気を使わないで済むような位置にしてあげるといいかもしれません。また、両親は一番後ろの末席になります。